キャッシングの借り過ぎを防ぐ方法

キャッシングは利息がつきますので、10万円の借り入れをしたら10万円返済すれば済むことではありません。キャッシングの借り過ぎを防ぐには、キャッシングのしくみを認識していることが必要です。


<計画性を持った借り入れとは?>

キャッシングをする際には、きちんと返済することが大事です。借り入れをする際に、毎月の返済がいくらになるのか、を確認し返済できる金額を借りること。借りた金額に利息がつくことを認識し、追加で借りる際には、毎月の返済額がいくらになるのか、ときちんと計算してから借りるようにしましょう。返済が滞ればさらに利息が増え、返済額は増えていきます。現在自分はいくら借り入れをしているのか、返済はいつ終わるのか、などを把握していることが大切です。


<本当に必要な金額を借りる>

お金を借りれば利息を支払うことになり、考えると損なことです。できれば借りないに越したことはありません。どうしても借りなければならないときだけ借りる、という気持ちを持ちましょう。借り入れがある場合は、まずはその金額を返済してから借りる、目的が贅沢をするためのものなら、今でなければならないのかを一度考えるようにしましょう。借りることを頼りにしないこと。それが借り過ぎないようにする方法です。

This entry was posted in キャッシング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.