キャッシングはおおまかに3種類ある

キャッシングという言葉は誰もが耳にしたことがあるかと思います。しかし、この金融商品は提供する金融機関によって規則が微妙に違うのをご存知ですか?キャッシングは大まかに3種類に分類できます。まず、消費者金融です。そしてクレジットカードなどのキャッシング枠、銀行が行うキャッシング、この3種類です。


消費者金融、信販会社のキャッシング

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は、貸金業法という法律でルールが定められています。一方で銀行が行うカードローンは、銀行法という法律が適用されるのです。まず、消費者金融、信販系のルールで私たちに大きく関係するのが、総量規制という法律です。これは個人的な借り入れが年収の3分の1まででなくてはならないというものです。これ以上は返済能力の有無にかかわらず、借りることができません。また一社から借りる金額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が義務となります。


銀行法のルールに総量規制はない

銀行系の場合、このような上限は定まっていません。だからといっていくらでも貸してくれるわけではありませんが、限度額なども高額なのが銀行系カードローンの魅力です。しかし、銀行は銀行と、その保証会社の2つの審査を通過しなくてはいけないことから、消費者金融よりも審査が厳しいと一般的には言われることもあるそうです。

▲参考

This entry was posted in キャッシング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.