配偶者によるキャッシング

キャッシングは総量規制という貸金業法により利用できる額の限界が年収の1/3以下に収まる内容の契約しかできなくなっています。その為自分の収入が無い配偶者の方は法改正以降自分ではキャッシングの契約が出来なくなりました。ただ、だからといって配偶者の方が利用する手段がないわけではありません。


配偶者のキャッシング

キャッシングは収入の無い配偶者の方でも、世帯主の方の同意書と世帯主との間柄を証明する住民票などの書類があれば会社によっては利用する事ができます。また、間柄証明は戸籍謄本などでも代用できる他、世帯主の方の収入証明が必要になるケースが殆どのようです。なお、その際世帯主の方と配偶者の方は借入額や限度枠を共有する形になるので、二人の借入額の合計が年収の1/3以下に収まっている必要があります。


同意書は連帯保証人と扱われるのか

配偶者の方のキャッシングには前述の通り世帯主の方の同意書が必要となりますが、これはいわゆる人的担保や連帯保証人としての同意書とは異なります。基本的にはキャッシングは担保や保証人が不要の商品であり、これは配偶者の方の利用にも適応されます。その為配偶者の方が滞納や不払いを起こした際に世帯主の方やその勤め先に催促が来ることはありません。ただ、利用枠を世帯主の方と配偶者の方は共有しているので実際には全く配偶者の方の利用に関与しないという訳にはいかないようです。

This entry was posted in キャッシング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.